トップ / 不動産を購入する際のローン

不動産を購入する際のローン

不動産購入について

情報更新

不動産を購入する際のローン

不動産を購入する際には、ほとんどの人は金融機関で住宅ローンを組み、購入用の資金を工面することになります。実際にマイホームなどを購入する場合、ぜひ気をつけておきたいポイントがあります。それは自分の年収に見合った住宅ローンを組むということです。不動産を購入するための住宅ローンを組んでの借入は金額が大きいものになるため、必然的に返済期間は長期に及びます。ローンの支払いが完全に終わるまでは毎月ローンの支払いが重い負担としてかかってくるので、その負担をできるだけ軽いものにするためにも自分の年収に見合った住宅ローンからの借入を心掛けておく必要があります。

住宅購入は年収で決まるか

かつて不動産購入額が年収によって変わるかを調査したデータがありました。年収200万円以下で住宅を購入したという例はほとんどありませんでしたが、200万円台でも購入している人は少なくありません。一昔前なら考え難かったことですが、フラット35などの住宅ローンのように非正規雇用や自営業者でも借りることが出来るという制度のおかげもあります。また、バブルの頃に比べると全国的に土地の値段が3分の1から4分の1に下落したところがほとんどですので、収入が割と少なめでも不動産を購入することは決して難しくはないのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 不動産をオークションで落とす. All rights reserved.